女性泌尿器科・美肌治療

women urology 女性泌尿器科

女性泌尿器科では、排尿に関するトラブルや尿路・性器に関する疾患を治療します。
この分野のお悩みを抱える方は多いのですが、デリケートな事で相談しにくいものです。ましてや女性の場合、泌尿器科に行くこと自体が躊躇したくなる方も多いです。
泌尿器科の症状では、基本的にデリケートゾーンを視診することは少ないです。まずは、検尿や採血などで病状を確認していき、治療に進むことがほとんどのケースとなります。

ご安心して、男性に相談しにくい方も、ひとりでお悩みを抱え込まず、お気軽にご相談ください。

~女性で性病検査をご希望の方~

当院では婦人用の専門的な器具が無いため簡易な検査となります、精度の高い結果をご希望の患者様は婦人科の受診を強くお薦めしております。

disease and treatment 主な疾患と治療について

  • 頻尿・夜間頻尿

    一般的に、朝起きてから就寝までの間に排尿回数が8回以上の場合を「頻尿」といいます。また、夜、排尿のために1回以上起きなければならない症状を「夜間頻尿」といいます。50歳代以降の方によく見られます。頻尿の原因はさまざまですが、女性の頻尿の多くは過活動膀胱で、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、自分の意思とは関係なく勝手に膀胱が収縮し、トイレに何回も行くようになる病気です。我慢しきれず尿が間に合わずにもれてしまうこともあります。
    頻尿に加え、排尿時に痛みを感じる場合は尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎)の可能性があります。そのほか、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)や膀胱がんでも頻尿の症状がありますので早めの検査をお勧めします


    • 治療方法

      頻尿の治療にあたっては、トイレに行った時間と排尿の量、水分を摂った時間と量などを3日ほど記載する排尿日誌を付けていただきます。
      水分を多く摂取しているようであれば水分摂取の調節により改善する場合があります。
      病気が疑われる場合はその原因に応じた適切な治療や対処が必要となります。


      行動療法
      排尿日誌に基づいて水分の適正な摂り方の指導を行い、適度におしっこを溜める習慣づけを行う「膀胱訓練」という排尿習慣の訓練いたします。女性の場合頻繁に排尿する傾向があり膀胱のおしっこを溜める機能が正常に働かなくなるケースがあるので、意識的におしっこを我慢することで、本来の機能を戻すようにします。また、骨盤底筋体操の指導を行う場合もあります。


      薬物治療
      行動療法による生活習慣の改善でも効果が見られない場合は、β3受容体作動薬や抗コリン薬による治療を行います。
      膀胱炎、尿路結石、腫瘍などが原因となる疾患がある場合は、その疾患の治療をまず行います。

  • 尿失禁・尿漏れ

    自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうことを「尿失禁」といいます。40歳以上の女性の4割以上が経験しているという報告もあり、悩んでおられる方は大変に多いのですが、恥ずかしさで我慢している方が多いようです。
    尿失禁が女性に多く見られるのは、女性は男性に比べて尿道が短く、尿道括約筋が弛緩しやすくなっているなどの女性特有の身体の構造に原因があります。また、妊娠や出産などによっても、尿失禁が起こりやすくなります。


    • 治療方法

      頻尿の場合と同様に尿漏れの原因となる生活習慣を見直すため、トイレに行った時間と排尿の量、水分を摂った時間と量などを3日ほど記載する排尿日誌を付けていただきます。可能性のある疾患としては「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」などがあります。


      行動療法
      腹圧性尿失禁の場合、一番効果のある治療方法です。腹圧性尿失禁は、骨盤底の筋肉が弱ってくることで、膀胱や尿道を支えられなくなり、尿道括約筋がしっかり尿道を閉じられなり起こります。骨盤底筋体操で骨盤の底を支える筋肉(骨盤底筋群)や靭帯を鍛える体操を行い症状の改善をさせます。


      薬物治療
      行動療法による生活習慣の改善でも効果が見られない場合は、β2アドレナリン受容体刺激薬による治療を行います。これはあくまでも補助的な対処療法になりますので、骨盤底筋体操との併用になります。
      急に尿がしたくなり、我慢できずに漏れてしまう切迫性尿失禁の場合も、排尿日誌に基づいて水分の適正な摂り方の指導を行ったうえで、適度におしっこを溜める習慣づけを行う「膀胱訓練」、β3受容体作動薬や抗コリン薬による薬物療法が有効です。


  • 血尿

    尿に血が混じる、いわゆる血尿は、尿を作る腎臓や、尿管、膀胱、尿道のいずれかに病気が潜んでいる可能性があります。目で見て明らかに尿に赤い色が混じっているものを「肉眼的血尿」、見た目は普通の尿でも尿検査で血液が混じっていることが分かるものを「顕微鏡的血尿」といいます。女性は生理と見分けがつかず勘違いをしてしまう場合がありますので注意が必要です。
    血尿の原因として考えられる疾患には、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎)、尿路結石(腎結石、尿管結石)、尿路腫瘍(膀胱がん、腎臓がん、尿管がん)などが考えられます。尿検査 尿細胞診、血液検査、超音波検査、膀胱内視鏡検査などで調べます。さらに精査が必要な場合はCT検査やMRI検査を行うことになります。


    • 治療方法

      女性の場合は膀胱炎などの尿路感染症のケースが多く見られます。抗生剤や抗菌薬の薬物療法で症状の改善を行います。尿路結石が原因の場合は、痛みが激しいときは鎮痛剤を投与し、十分な水分の摂取と適度な運動により自然排石を促すか、体外衝撃破砕石術などを行う場合があります。悪性腫瘍が疑われる場合はその状況に応じた対応になります。


白玉注射・白玉点滴・プラセンタ注射

全身透き通るような白い美肌に

白玉注射・白玉点滴

このような方におすすめです

  • □日焼けしてしまった
  • □くすみ・しみ・そばかす・肝斑がある
  • □透明感のあるキレイな肌になりたい
  • □もともと生まれつきの地黒肌
  • □肌の老化が気になる
  • □白目のくすみが気になる方

海外でも人気の白玉注射は、美白効果の高い『グルタチオン』という成分を配合した美容注射です。海外セレブが取り入れたことで注目され、この名前が広まりました。
グルタチオンは皮膚や肝臓、眼球に含まれている体内成分のひとつです。グルタチオンは20代をピークに徐々に減っていき、紫外線を浴びることでさらに減少を早めてしまいます。
グルタチオンに加え、ビタミンCを配合しております。ビタミンCの点滴は、内服のビタミンCより吸収率が高く、シミの改善や予防、抗酸化作用があります。美容目的だけでなく、疲れなどにも効果が期待できます。

  • 投与方法

    静脈注射もしくは点滴

  • 投与時間

    5〜20分

  • 投与間隔

    最初の2ヶ月は週1回程度、その後は1ヶ月に1回くらい継続していただけると効果が持続

  • 副作用について

    頻度は少ないですが以下の副作用の報告があります。
    食欲不振、悪心、嘔吐、発疹(0.4%)
    過敏症、アナフィラキシー様症状(0.1%以下)

初診料 1,100円(税込) ※初回診察に必要

白玉注射・点滴(点滴は1,100円アップ)

ライト グルタチオン 600g + ビタミンC 2000mg 3,520円(税込) 注射
スタンダード グルタチオン 1200g + ビタミンC 2000mg 6,050円(税込) 注射
プレミアム グルタチオン 1800g + ビタミンC 4000mg 7,590円(税込) 注射

プラセンタ注射

このような方におすすめです

  • □更年期の症状がつらい
  • □お肌を若々しく保ちたい
  • □肌に元気がほしい
  • □アンチエイジングをしたい
  • プラセンタ(ラエンネック)とは

    プラセンタ注射の1つであるラエンネックやメルスモンは、ヒトの胎盤成分(プラセンタ)を使った注射の薬です。プラセンタ注射は、胎盤由来のたくさんの種類のアミノ酸が成分に含まれており、その有効成分を体内に注入して、「肝機能障害の改善」の他、「更年期障害の改善」 「美肌効果」 「美髪効果」 などアンチエイジング効果も期待できます。
    ラエンネックは、「慢性肝疾患における肝機能の改善」の目的で使用される場合は保険適応となりますが、「更年期障害の改善」「美肌効果」「美髪効果」などアンチエイジング効果も期待でき、「慢性肝疾患における肝機能の改善」以外の目的で使用する場合には、保険適応されないため、自費での診療となります。

  • 投与方法

    皮下注射もしくは筋肉注射

  • 投与時間

    1~2分

  • 投与間隔

    週に1~2回がおすすめ

  • 副反応について

    ラエンネックの副反応として、注射部位の痛み、硬結、発疹、発熱、そう痒感などの過敏症、肝機能障害などが起こる場合があります。 ごくまれに、アナフィラキシーショックが起こる可能性があります。

  • 感染症リスクについて

    ラエンネックは 「特定生物由来製品」に該当するため、理論的には感染症リスクがありますが、B型肝炎、C型肝炎、HIVなどのウイルスや細菌が混入しないように汚染防止対策が講じられており、販売されてから現在まで感染症が伝播したという報告はありません。
    しかし、特定生物由来製品であるため、将来的に未知のウイルス感染が判明する可能性は完全には否定できません。そのため「ラエンネック」や「メルスモン」などのプラセンタ注射薬を使用した場合「献血」は出来ないのと、「臓器提供」は原則的に控えていただくことになります。

初診料 1,100円(税込) ※初回診察に必要

プラセンタ注射

1A 1,430円(税込) 注射
2A 2,860円(税込) 注射

ドクターズコスメ

西本クリニックでは、日本人の肌質を重視して開発されたドクターズコスメ「ガウディスキン」の取り扱いをしております。

「ガウディスキン」とは、神戸市のみずぐち形成外科クリニック院長である水口敬先生が開発された日本人の肌質を重視したビタミンAシステム基礎化粧品です。


近年、注目されているビタミンA化粧品はいくつかありますが、欧米のものが人気を集めております。

ですが、欧米人の肌は根本的に日本人より強く、どうしても日本人が使用すると強めの副反応が見られることがあります。 もちろん日本人の中でも、欧米人同様強い肌の方もいらっしゃいますので、そういった方は欧米のものを使用されてもいいと思います。

皮膚科の診察で、本当に肌が弱く、日々のスキンケアからお困りな患者様も多いので、日本人の肌をとにかく熱心に研究された水口先生の化粧品を扱わせていただくことにしました。

「ガウディスキン」は6種類のラインナップがあります。 診察時にお気軽にご相談ください。 長く使用して頂く基礎化粧品として『ガウディスキン』を検討されてはいかがでしょうか? 診察が必ず必要になります。お化粧品のご購入をお考えの患者様は、来院前に在庫の確認をしていただくことをお勧めします。

基本仕様

  • スムースクレンズ

    スムースクレンズ

    200ml 5,400円(税込5,940円)
    こすらない・とりすぎない敏感肌用洗顔料

  • インナーモイストTAローション

    インナーモイストTAローション

    180ml 6,200円(税込6,820円)
    高浸透性美白&保湿化粧水

  • エクラリバイブ(美容クリーム)

    18,000円(税込19,800円)
    高機能・多機能高配合美容クリーム

  • デュアルレチノライト・プラス

    デュアルレチノライト・プラス

    7,700円(税込8,470円)・8,000円(税込8,800円)
    中濃度レチノール美容クリーム・高濃度レチノール美容クリーム

セラピューティック期間~短期集中肌再生治療プログラム<12~18週間>~

  • スムースクレンズ

    200ml 5,200円(税込5,720円)
    敏感肌用洗顔料

  • インナーモイストTAローション

    180ml 6,000円(税込6,600円)
    高浸透性美白&保湿化粧水

  • 朝:HQクリア/夜:HQクリア+トレチノインクリーム(14,000円)

    60g 9,000円(税込9,900円)
    治療用ハイドロキノン美容クリーム

その他のドクターズコスメ

ハイドロキノンクリーム お肌の漂白剤。シミ、クスミの改善に。 3,300円(税込)
トレチノイン オイルクリーム0.1% お肌の漂白作用・シミ・肝斑に 4,950円(税込)
ハイドロキノンコンシーラー 日中のシミ対策に 4,400円(税込)
アスタキサンチンジェル 美白効果・抗酸化作用・アンチエイジング 7,700円(税込)

※当院に在庫が無い場合は、お渡しに4-5日にかかる場合もあります。前もってのご予約がオススメです。


※上記の金額に初回は初診料1,100円が追加されます。

※自費診療となりますので、保険診療ですでに通院中の方も別途かかります。