院長の健康お役立ちコラム

~インフルエンザ~

冷気が一段と深まり冬の訪れを感じる今日このごろ。 みなさま、お障りなくお過ごしでしょうか。 今回はインフルエンザについてお話しようと思います。 日本における季節性インフルエンザの流行時期は、その年によって多少異なります。 多くの場合は11月下旬~12月下旬ごろより流行が始まり、翌年の1~2月ごろにピークを迎え、4~5月にかけて患者数が減少します。夏にインフルエンザに感染する場合もありますが、流行と言えるほどの患者数は発生しないケースがほとんどです。 このように、日本における季節性インフルエンザの主な流行時期は冬であり、夏にインフルエンザが流行することは一般的ではありません。しかし、今年(2023年)は例年よりも季節性インフルエンザの発生数が多くなっており、季節外れのインフルエンザが流行している状況にあると言われています。


インフルエンザとは?

「インフルエンザ」とは、インフルエンザウイルスが体内で増えて、熱やのどの痛みなどの症状を引き起こす感染症です。 ほとんどの方は、一度かかるとその原因となったウイルスに対して抵抗する力が高まります。そのため、従来から流行している季節性インフルエンザに対しては、多くの人が免疫を持っています。


症状は?

風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉痛を伴います。 さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。 潜伏期間は1~4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発し、重症化する場合があります。


かかった時の対処法は?

インフルエンザ症状が出てから48時間以内に抗ウイルス薬を投与すれば、症状緩和、早期治療に期待ができます。早めに治療することは自分の身体を守るだけではなく、ご家族・身近な方にインフルエンザをうつさないという意味でも重要です。


感染拡大の予防のために

インフルエンザは、インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみ、会話の時に空気中に拡散されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することで感染します。 感染の多くは、この「飛沫感染」によると考えられます。 その他にも、ドアノブなどの環境表面についたウイルスへの接触により、鼻や口などの粘膜や傷口などを通して感染する「接触感染」があります。このように、いろいろな感染経路があるため、まずは重症化しないためにワクチンを接種することはとても重要なことです。また身近な感染対策としては、自宅にウイルスを持ち込まないように帰宅したら、最初にしっかりと手指を殺菌・消毒することが大切です。


予防接種について

先程もお話したように、ワクチンを接種することで重症化を防ぐことができます。インフルエンザが流行前に接種することは大切です。接種してからワクチンの効果が出るまで2週間ほどかかりますので、接種時期は12月上旬までが望ましいとされています。効果はおおよそ5ヶ月ほど継続します。そのため流行期の1〜2月をカバーすることができます。


少しでも風邪の症状があれば自己判断されずに、医療機関でインフルエンザ検査を受けていただき、早期治療をしていただくことをお勧めします。


コラム一覧へ戻る