FAQ-20220425

尋常性ざ瘡

Q. よく顔にニキビができるのですが、ニキビの治療や予防はどのようなものがあるのでしょうか。

19歳 女性

 

A. ニキビ(尋常性ざ瘡)とは毛穴に乾燥した皮脂などが詰まることでニキビ菌(アクネ菌)が繁殖し毛穴・毛包で炎症を起こしている状態です。ニキビは全身どこにでもできますが、皮脂の多く出る顔や胸部・背部に多いと言われています。

 

原因としてはストレスや睡眠不足・偏った食事などの生活習慣の乱れによって皮脂の分泌が過剰になることや、ホルモンバランスの乱れなどがあります。また、化粧品などで毛穴が塞がれることもニキビの原因になります。

 

治療としては一般的に外用薬の塗布や必要に応じて内服薬などを服用していただきますが、ニキビには様々な原因がありますので、それらの原因を改善することや毎日の適切なスキンケアが治療・予防において重要となります。

 

ニキビ(尋常性ざ瘡)は放置していると瘢痕を形成することもあるため専門の医療機関への相談をお勧め致します。

 

 

西本クリニック

院長 西本優大