FAQ-20201216

蕁麻疹

Q. 最近、朝起きると全身がかゆく蚊に刺されたように赤く腫れるのですが、数時間で治まり翌日起きるとまたできています。これはどのような病気なのでしょうか。                             

24歳 男性

 

A. 痒みと蚊に刺されたような腫れがあり、数時間で治まることを繰り返すことから蕁麻疹が考えられます。

 

蕁麻疹とは何らかの刺激によって痒みを引き起こすヒスタミンという物質が体内で分泌することで発症する疾患です。

 

症状としては痒みや突然皮膚の一部が赤く盛り上がる(膨疹)といったものが多いです。

 

この痒みや膨疹は数十分から数時間で多くの場合は消失しますが次々に新しい膨疹ができ、長時間症状が続く場合もあります。

 

蕁麻疹は原因によって非アレルギー性蕁麻疹とアレルギー性蕁麻疹に大きく分けられます。

 

多くの場合は非アレルギー性蕁麻疹であり、冷水に触れた際などに皮膚温度の急激な変化によって起こる寒冷蕁麻疹や日光などの紫外線による日光蕁麻疹など様々のものがあります。

 

アレルギー性蕁麻疹とは食物や薬品などのアレルギー反応によって生じるものをいいます。

 

治療としては抗ヒスタミン薬を投与することで多くの場合は治癒します。

 

また、原因となる可能性のあるものを避けることで再発予防にもつながります。

 

蕁麻疹は多くの場合は軽症のまま治癒しますが、気道粘膜にできた場合は呼吸困難など緊急の処置が必要となることもありますので専門の医療機関への受診をお勧めいたします。

 

西本クリニック

院長 西本和彦