FAQ-2020601

虫刺され

Q. 先日、庭の手入れをしている際に毛虫に刺されました。数時間で痒みは治ったのですが、腫れが続いています。これは病院を受診したほうが良いのでしょうか。

68歳 男性

 

A. 虫刺されの症状は虫の種類などによって異なりますが、代表的なものでは腫れや痒みなどがあります。これらの症状は虫のもつ毒成分や唾液の成分に対するアレルギー反応による症状になります。

 

人を刺す代表的な生物は蚊や蜂、毛虫(蝶や蛾の幼虫)などがあります。

 

毛虫による虫刺されでは、チャドクガという蛾の幼虫による虫刺されが多いです。

チャドクガの幼虫に刺された場合は赤い小さな湿疹と強い痒みといった症状が現れます。

 

この他にも様々な毛虫がいますが、すべての種類が毒を持っているというわけではありません。

 

虫に刺された場合は掻いたり、擦ったりすることで炎症を悪化させたりとびひしたりすることもありますので、刺された部位を触らずに流水で洗い流し清潔にしたうえで、早期に医療機関への受診をお勧めいたします。

 

西本クリニック

院長 西本和彦