FAQ-20190507

尋常性ざ瘡

Q.顔にニキビができてなかなか治りません。ニキビを治す方法としてはどのような治療があるのでしょうか。 22歳 女性

 

A. ニキビ(尋常性ざ瘡)は乾燥した皮脂などが毛穴を塞ぐことによってニキビ菌(アクネ菌)が繁殖し、毛包や皮脂腺で炎症を起こしている状態です。女性の場合、化粧品などが毛穴を塞ぎ、それがニキビの原因になることもあります。また、その他のニキビの原因としては遺伝や年齢(思春期)、食事、睡眠、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れもあると言われています。

 

このように、ニキビには様々な原因があるため、その原因を究明し除去することが治療のひとつになります。重症の場合は抗生物質の軟膏や内服薬、漢方薬を用いることもあります。また、ニキビの予防・治療としてはスキンケアも重要であると言われています。スキンケアの手順などは医療機関を受診し医師の指示に従ってください。

 

ニキビ(尋常性ざ瘡)は放置していると瘢痕を形成することもあるため早期の治療をお勧めいたします。

 

西本クリニック

院長 西本和彦