FAQ-20181105

Q.最初は足のすねにできていた湿疹が10円玉ぐらいの大きさになり体中に広がってきました。薬局で購入した薬ではなかなかよくなりません。これはどんな皮膚病なのか教えていただきたいのですが。 65歳 男性

 

A.症状から貨幣状湿疹の疑いがあります。貨幣状湿疹とは主に乾燥した肌に生じる乾皮症や皮脂欠乏性湿疹などの皮膚炎が原因で発生します。これらの皮膚炎は乾燥により皮膚のバリア機能を低下させます。摩擦や暖房による乾燥などの刺激が長期に加わることにより、かゆみの原因であるヒスタミンや炎症を引き起こすサイトカインが産生されて発症すると考えられています。

小さな丘疹がかゆみとともに次第に大きくなり、直径1~5㎝程度になります。形は円形や楕円形で若干盛り上がり、貨幣のように見えることから貨幣状湿疹と呼ばれます。

初期はすねの部分に出現し、進行すると上肢や体幹部に拡大していきます。

治療法は保湿クリームやステロイド外用薬を使用します。かゆみがひどい時には抗ヒスタミン薬を、細菌感染が生じている場合は抗菌薬も使用します。

早急に治療を開始しなければ悪化しますので、すぐに皮膚科専門医を受診してください。

西本クリニック

院長 西本和彦