FAQ-076

Q:インフルエンザワクチンは受けた方が良いのでしょうか? 40歳女性

 

A:インフルエンザウィルスの遺伝子が変化しやすく、92%の遺伝子が変化してしまうと以前にかかったときの免疫が効かなくなってしまいます。

そのため、ワクチンは毎年受けた方が良いと思います。

インフルエンザは普通の風邪と違って高熱が続き、子供の場合、脳炎や脳症を引き起こす場合があります。

脳炎や脳症を発症すると、けいれんや意識障害を起こし、後遺症が残ったり、最悪死亡するケースもあります。

インフルエンザワクチン接種后抗体ができるまでには2週間くらいかかりますので、早めの接種をお勧めします。

 

西本クリニック院長 西本和彦