FAQ-074

Q:子供がキャンプに参加するのですが、熱中症に注意するようにと学校から言われました。その症状と予防法を教えて欲しいのですが。 35歳女性

 

A:熱中症とは体の中と外の"あつさ"によって引き起こされる様々な体の不調です。熱中症は、熱波により主に高齢者に起こるもの、幼児が高温環境で起こるもの、暑熱環境での労働で起こるもの、スポーツ活動中に起こるものなどがあります。

予防法は、暑い時期の運動はなるべく涼しい時間帯に行うようにし、急な激しい運動をさけ、休憩と水分補給を頻繁に行う必要があります。服装は吸湿性・通気性が良く、熱を吸収しないものにすると良いでしょう。

症状が進行すると頭痛・吐き気・意識障害が生じる場合があり、すぐに医療機関で救急処置をする必要があります。

熱中症は大変身近なところで起きています。そのため十分にその危険性を認識しておくことが大切です。

 

西本クリニック院長 西本和彦