FAQ-068

Q:昨年インフルエンザにかかって大変な思いをしました。ワクチンを受けたほうがいいでしょうか? 65歳男性

 

A:インフルエンザの予防に効果が期待出来るのがワクチン接種です。今年は4価ワクチンで、流行シーズンを迎える前の11月ごろの接種をお勧めします。

インフルエンザワクチンの効果が現れるのは、およそ2週間後くらいからで約5ヶ月間持続するといわれています。

ワクチンには発病予防効果があり、合併症の併発や高齢者の死亡を減らす作用があります。行政もワクチン接種を推奨しています。

是非とも接種され、インフルエンザ流行を防ぎましょう。

 

西本クリニック院長 西本和彦