FAQ-052

Q:背中の粉をふいた状態で乾燥し、かゆみが強く夜も眠れません。かゆみをおさえる方法を教えて下さい。 72歳 男性

 

A:上記症状より皮脂欠乏性湿疹と考えれます。皮脂欠乏性湿疹とは、皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。皮膚表面がかさかさしていたり、白い粉をふいたり、ひび割れができて痛みやかゆみが発生するのが主な症状です。予防法として、肌をこすりすぎないこと、エアコンの設定温度を上げすぎないこと、熱いお風呂に長時間入らないことで、バリア機能を回復させる事により症状が軽快します。それでも治まらないときは、皮膚科専門医に受診することをお勧めします。

 

西本クリニック 西本和彦院長