FAQ-021

Q.足の爪が白くなり厚くなっています。爪水虫ではないかと心配しています。治療法とか詳しく教えてください。

 

A.

①爪の色が白や黄色に濁る。

②爪の厚みが増す。

③爪がもろく崩れやすくなる。

こんな症状があれば爪の水虫、爪白癬です。

爪白癬は、足白癬(水虫)と同じように家族やまわりの人にうつります。

爪白癬になった爪は常に白癬菌(水虫菌)をばらまいていて、

菌はいたるところでしぶとく生き続けます。特にスリッパやバスマットなどを

介してうつることがよくあります。

爪の表面は硬いため、塗り薬ではなかなか爪の奥まで薬がとどきません。

そこで最近の治療では、爪の内側から作用する飲み薬がよく用いられます。 

飲み薬と塗り薬の両方で治療することもあります。

日本人の10人に一人は「爪白癬」といわれています。

皮膚科専門医の適切な診断と治療を受けましょう。